営業時間:9時〜18時【土日祝はお休み】

Love Your Portrait!

欲しい結果や未来を手に入れるポートレート撮影しましょう

心奪われた写真

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
自身を語るポートレート、独自な特性を持つ作業(仕事)などを自分パブリッシング用に撮ってます。自分CM用動画撮影、ホワイトボードアニメーション製作してます。愛する家族や恋人との写真も撮りましょう。
詳しいプロフィールはこちら
1990年のクリスマスに、当時のルームメイトからプレゼントされた写真がある。 世界的に人気があり20世紀を代表する写真家Robert Doisneau(ロベール・ドアノー)が撮った一枚の写真。

出会い

その写真に出会ったのは、大学からの帰り道のバスに乗っていた時でした。 学校で勉強、帰っても勉強、夕食とシャワーの後も勉強と机に向かい、とにかく勉強尽くめだった毎日の生活の中、バスの中から日ごと変化する風景や人々の暮らしを観るのが「世の中の色」を感じる唯一の楽しみだったのです。
ふいに、いつもの街並みに佇むいつものフレームショップ(額縁屋さん)に目をやると、いきなり私の目に一枚の写真が飛び込んできたのです 「えっ?ドキッ!」 一瞬にしてストーリーが心に染み込む写真。それは秒で私の心を鷲掴みにしました。 言葉で表現するよりも先に 「心が躍る写真」 その時なぜか 「ずっとこの写真を探していた」 と思った。。。

 Le Baiser de L’Hotel de Ville 1950 by Robert Doisneau

帰るなり、興奮冷めやらぬままルームメイトにその写真がどれほど素敵だったかを夢中になって話したのを覚えています。
手に入れたくても 貧乏学生の身ではその高価な写真を(コピーですが)手に入れることができなかった私。 購入は諦めましたが、1日一度は観てみたいと、その店の場所を過ぎるまではバスではなく徒歩を決め込み眺めてからバスに乗る毎日。 買えなくても、その一枚を観る事ができる嬉しさは半端な喜びではなかったのを覚えています。

なぜそんなに魅了されたんだろう。

その写真に出会ったのは留学を決め、渡米してから7ヶ月目の頃だったと思います。 日本を離れ、孤独と焦りに心がいつも不安定な状態でした。 あれだけ大きなことを言って日本を後にしたのだから頑張らねば、とにかく成果を出さねば、何かを成し遂げなければと日々思いながらも、全てが英語でイライラがつのり、思うように勉強ははかどらず、全く先が見えない毎日。   半分、勢いに任せて日本を出てきたので実家に連絡することもできず、本当に寂しかった。   母や家族の声が聞きたかった、家族との繋がりを感じたかった。   そうです私はその時「肌の温もり」を感じたかったんだと思う。   そしてこの写真からは 彼ら以外の全ての時間が止まっていてる。 彼らにしか交わすことの出来ない「ぬくもり」や「繋がり」がある。 独自の暖かい空間に包まれているように見える。  

まさに「二人だけの世界」を感じた。

  眺めているとこの素敵な二人の関係が羨ましい、そして二人の温もりが伝わって私の心が暖かくなる。   私が魅了されたのは、その時に必要としていた人や物への「つながり」感覚と、未来に自分が持つ事ができるかもしれない「それ」への希望みたいなものを感じたから。。。

写真の素晴らしさを知る

それにしても、すごい一瞬を捕らえた写真ですな。 写真はすごい

もう二度と戻らない一瞬を永遠の箱に閉じ込める事ができる。

そしてそれを見返すたび、一瞬にしてまたそこへ戻り当時のままの心境を思い出せる。

同じ感覚が自分の中にそのまま甦る。

カメラは魔法の箱であり、写真は魔法の技術だと感じた。 こんなに心を揺さぶる事ができる物はないと心底思いました。 この魔法の箱はなんてすごいんだろう。。。究極のタイムマシーンである

Le manege de Monsieur Barre 1955 by Robert Doisneau

こちらは私の幼少期の頃の感覚を思い出させた写真です。このお話はまたいつか書きたいと思います

忘れもしない出来事

とっても欲しかった一枚の写真「 Le Baiser de L’Hotel de Ville(パリ市庁舎前のキス)」 観るために、なんども足を運んだ。 そして 願いは叶うというのは本当だった。^^ その年のクリスマスにルームメイトや友達がお金を出しあい、その写真をプレゼントしてくれたのです。

「ウッホホオオオオオオイイイイイ!!」

その時の胸からあふれ出るような喜びは、言葉で表現できないほどの感動に満ちていました。その時の感覚も、この写真を見ると甦ってきます。 嬉しくて嬉しくて、恋人達が夢に出てくるように枕元に立てかけて寝たことを覚えています。 それからン十年(^^) 素敵な写真で私をマンマとファンにしてしまった偉大な写真家 ロベール. ドアノーの展覧会に行ってきました。 忘れられない最高に幸せな気分が甦り、思わず 当時のルームメイトに「ありがとう」のメッセージを送ってドキドキのおすそ分けも完了しました。 行ってよかったわ〜。こんな写真が撮れるようになろうと再び思うのでした。 (恋に憧れる乙女な時もあったと言うお話でもある)

プレゼントしてくれた仲間。Bellevue, WA時代。 

みんなお風呂上がりでなんちゅう頭してるんやろ^^;

無料 E-Book!

仕事につながる!

プロフィール写真 本格仕様で簡単に撮る 「7つのコツ」

これでいいの?私のプロフィール写真。。。 SNSでは働き者のプロフィール写真、あなたのイメージを表せていますか? 自分のプロフ写真が今ひとつ好きになれない、なんだかちょっとイメージが違う、適当に撮ったからいまいちパッとしないと感じていませんか? このE-bookではプロの写真家の機材を使う事なくお気に入りのプロフィール写真を手に入れる方法をご紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
自身を語るポートレート、独自な特性を持つ作業(仕事)などを自分パブリッシング用に撮ってます。自分CM用動画撮影、ホワイトボードアニメーション製作してます。愛する家族や恋人との写真も撮りましょう。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Shiho Bach Photography , 2019 All Rights Reserved.